三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

『ボッコちゃん』〜1001回やりゃあ、文句あるか、ですよね~

 筋トレには2種類ある。いい筋トレと悪い筋トレだ。

“そこそこ”の筋肉をつけて女の子にモテるため、私は日々、五体を鍛えている。

 いい筋トレは回数ではなく質だ。正しいフォームで腕立てをすると、10回でも十分きつい。たまに「俺、腕立て100回したわ」という男がいるが、あれはあんまり効果がないのです(女の子たちもうちょっとだけついてきてね)。

 ただ、質の高い筋トレは地味で疲れる。100回くらい連続する筋トレは“やった感じ”が出るから気持ちがいい。ただの自慰行為のようなものだとしても。

 日々の筋トレに飽きた私は、自分が気持ちよくなるためだけに、ある日回数をこなすことにした。その数、腕立て伏せ777回。時間をかけて実際にこなし、大満足する。効果は薄いが気持ちがいい。

 にまにましながらテレビをつけると、近頃話題の破天荒なディレクターが無人島で魚をとってた。なんかしらんが不眠不休で小屋を作り魚を取りまくっている。

「限界なんてこんなものじゃない」

 彼の勇姿になぜか勝手に感化された私は決めた。腕立て伏せ1001回しよう。そうしてその日のうちに1001回やりおえた。とんだオナニー野郎である。

 それから、女の子とデートに出かけた。

 喫茶店で女の子に会うやいなや、A子ちゃんに私は言った。

私「今日、腕立て伏せ1001回したよ」

A「1日で?」

私「一日で」

A「……」

私「1001回やりゃあ、文句あるか、だよね」

A「……キモっ」

どうやらオナニーをやりすぎた私は、世間とのギャップをはかり間違えてしまったようだ。ショートショートを人生で1001篇書いた星信一の名言、「1001篇書きゃあ、文句あるか、ですよね」というセリフを引用してみても、私の気持ち悪さは隠しきれなかったようだ。当然である。

 私の腕立て伏せ自慢はさておき、あんな良質のショートショートを1001篇も書いた星信一はやはり化け物だ。

――翌日、目が覚めた私は、全く筋肉痛になっていないことに気づく。お遊びのような回数だけの筋トレの効果は、やはりとっても薄いようである。

 

『ボッコちゃん』星信一/著