三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

『あのころ』〜ボタン狩り〜

 女の子に第二ボタンをねだられるのが夢だった。中学生の時は叶わなかったが、高校の卒業式であっけなくかなった。

 たかしくん第二ボタンちょうだい、とクラスメイトの女の子に言われたのだ。隣には付添みたいな女の子もいる。

 私は「べ、べつにいいけど」みたいな顔をしながらボタンをブチっと取り、女の子にあげた。

 すると、付添みたいな女の子が僕を見て、

「ねぇ、第1ボタンちょうだい」と言ってきた。私はまたしても「べつにいいけど」みたいな顔をしてーーそれがかっこいいと思っていたのだーー女の子にボタンをあげた。高校はブレザーだったので、ボタンは二つしかない。私はボタンのなくなった制服を見て大変に満足した。

 さてその後である。なんとその女の子2人組が、別の男にもボタンをねだり始めたのである。彼女たちは私のボタンが欲しかったわけではない。何故だか理由はわからないけれど、男の第二ボタンを収集する“第二ボタンハンター”だったのだ。

 その証拠に、彼女たちは私を含めて計3人の男達から第二ボタンを奪っていた。くそぅ。

 ややあって、意気消沈した私が教室を出ると、ある女の子がもじもじしていた。

 「あの、たかしくん。もじもじ。もしよかったら第二ボタンくれないかな、おずおず」

彼女は、高校二年生のときのバレンタインに、私にチョコをくれた女の子であった。

 その真剣な眼差しから、彼女が本気で私の第二ボタンを欲しがっていることがわかった。やっぴー。

 が、ときすでに遅し。私は2個しかないボタンを第二ボタンハンターに奪われた後であった。とんだバカタレである。

 さくらももこの『あのころ』を読んでいたら、ふとそんなことを思い出した。

 もしあのときボタンを渡せていたら‥‥‥、いや、当時のたかし少年には、第二ボタン狩りから逃れる術はなかったのだろうな。

 

『あのころ』さくらももこ/著