三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

『漁港の肉子ちゃん』~「はい、あ~ん」の上書き方法~

 イケメンが好きなので、バーベキューの時にイケメンと話していた。

 盛り上がっている途中で彼の奥さんが来て、飲み物とお皿で両手がふさがっている彼に、アスパラベーコン巻きをあーんとした。

 その流れがあまりにも自然だったのと、絵になったのとで、私はキュンとしてしまった。

 少し離れたところにいた後輩の女の子が、何か言いたそうな笑みを浮かべてこっちを見ている。

 彼女のところに行き、どうしたの?  みたいな顔をすると、逆に「どうしたんですか?」と聞かれた。

 私たついさっき見た素敵な「あーん」と、それによってキュンとしたことを伝えた。女の子か笑いながら言った。

「私も見ていました。で、たかしさんがキュンとしたのも気づきました。キュンとしましたか?」

「うん、キュンとしたよ」

「すごく?」

「すごく」

「じゃあこれを見てキュンを上書きしてください」

 そう言って彼女はどでかい生牡蠣を見せてくれた。私のキュンは上書きされる。生牡蠣にではなくて、彼女に。

 だって、あーんのキュンの上書きの方法が生牡蠣を見せることなんて変態すぎる。大変よろしい。素敵だ。

 女の子の牡蠣が焼けていくのを喜ぶ横顔を見つめながら、私の頭には小説『漁港の肉子ちゃん』が浮かんだ。単に海の幸つながりなだけなんだけれど。

 主人公の母親である肉子ちゃんはとってもキュートでチャーミングだ。私は肉子ちゃんの「幸せってのはな、ご飯食べて、お風呂入って、ウンコして、寝ることっ」というセリフが大好きだ。

 ただ、肉子ちゃんはとってもとっても太っていて、顔がとってもかわいくない。フィクションの世界だけれど、私は肉子ちゃんに恋心は抱かないだろう。

 ――私は未だに美醜に支配されている自分の価値観を恥じながら、かわいい後輩の女の子から差し出されたアツアツの牡蠣を受け取った。

 

『漁協の肉子ちゃん』西加奈子/著