三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

『あられもない祈り』〜2歳の壁〜

 図書館に入庁した初日、女性社員に「たかしさんていくつなの」と聞かれた。私が26歳ですと答えると、その人は大層びっくりして、「え! 24歳くらいかと思った」と言った。

 28の時、新入社員の女の子に年齢を聞かれ答えたら、「え! 若い。26歳くらいかと思ってました」と言われた。なにか違和感を覚えた。

 その1年後、新しく入ってきた女の子に年齢を聞かれた。29歳ですと答えたら、女の子は「信じられない」という顔をして、「まったく、見えませんね。27歳くらいかと思いました」と言われた。なんかもやっとした。

 そして昨日、最近知り合った女の子と食事をしていたときに年齢を聞かれた。私は三十路だと答えた。

 女の子は「この世の終わりだわ」という驚愕の表情を浮かべ、「すっごく若いですね! 28歳かと思いました!」と瞳孔を見開いて言った。

 きっと彼女たちは褒め言葉として言ってくれたのだろうし、若くみられることは悪い気はしない。ただ、

 彼女たちの驚きようと、「2歳」というのが繋がらない。

 29歳の人が24歳くらいに見えてびっくり、ならわかる。でもたったの「2歳」って、言葉を失うほどの衝撃を与えるものなのだろうか?

 でも事実そうだったのだからしょうがない。そして、若く見られたからといってその若い女の子たちと恋仲になれたわけではないのもしょうがない。

 まぁとにかく私は、“まだ過去形で語られる前の美貌を留めている”らしい。と、さらっと小説『あられもない祈り』で響いた言葉を引用する。美しい言葉がたくさん出てくるから、ストーリーを抜きにしてもおすすめだ。恋愛ものだ。

 それと、今回のブログは「私はまだ若々しさを保ってますよ」というアピールを、いやらしさを出さずに書いただけのものだ。

 若い=モテる、の思考回路じゃあモテないのにな。でも祈っちゃうんだよな。あられもなく。

 

『あられもない祈り』島本理生/著