三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

『少女七竈と七人の可愛そうな大人』~私ってブスだからさ~

 世界三大“返答に困る言葉”のひとつが「ほら、私ってブスだからさ」だ。

「そんなことないよ」と言うと「は? 気休めはいらねーんだよ」という顔をされるし、かといって「うん、そうだね」と言うわけにはいかない。

 それに、「俺はそうは思わない! みゆきちゃんはかわいいよ!!」と強く言うと、なんか気がある風になってしまう。

 男友達に、「これは言われた時点で詰んでいる言葉だから、そもそもそれを言ってくる子のミスなんだ」と力説したら、俺は女の子からそんなこと一回も言われたことない、と言われた。

 それからというもの、私は何人かの男友達と幾人かの仲の良い女の子(年上・年下含む)にこの話題を振ってみたが、結果は全員「そんなこと言われたことがない」だった。

 何故だ。私は結構この言葉を言われるぞ。

 なんとなく、街でティッシュを必ずもらうとか、宗教の勧誘を受けるという私の悩みに繋がっている気がした。

 近頃仲の良い激烈可愛い女の子に一連の流れを説明したら、

「吸引力みたいなものがあるのかもね、いいことだと思うよ」と言われた。

 いや、でもやっぱり「私ってブスだからさ」と言われると返答に困る。

 仕方なく現時点のベターな答えとして、「いや、俺も○○がとっても嫌でさ」と自分をディスって話をそらしている。

 私は一応、その激烈可愛い女の子にも“返答に困る言葉”を言われたことがあるか聞いてみた。女の子は「うーん」と少しためらい、「誰にも言わないでね」という言葉のあとにこう続けた。

「言われたことはないけど、逆に私が容姿について悩みを言ったこともない。嫌味と受け取られてしまうから。こっちは本当に悩んでいるのに」

 そして最後にこう締めくくった。

「美人も大変なのよ」

 うぉい、こりゃあ世の女の子共を敵に回すセリフだと思ったけど、真実だとも思った。

 圧倒的優位者の悩み(この場合は容姿)は、それだけで罪なのだ。たぶん。

 それからしばらくして、小説『少女七竈(ななかまど)と七人と可愛そうな大人』を読んだ。

 まことに遺憾ながら、大変美しく生まれてしまった少女が主人公の物語だ。少女は自分の美しい容姿を“呪い”と言っていたが、凡庸の私としては、少女の悩みをうらやましく思ってしまうのであった。

 ハードカバーの装丁と文字配列が素敵なので、ハードカバー版がお勧めです。あと文章がとにかく美しい。

 

少女七竈と七人の可愛そうな大人桜庭一樹/著