三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

『ロマンス』〜第5回 スタパで恋は生まれるのか~

 おそろしく愛想のいい女だった。私は27で、女は22歳。女とは週に一回ほど会う間柄だった。というかまぁ、なんだ。スタバの店員さんと客の関係だ。ただのね。

 その愛想のいい女の子はとても気さくで、お客さん一人ひとりに一言声をかけたり、笑顔を一瞬も絶やさなかったりで、スタバの店員さんからも――いい意味でも悪い意味でも――愛想の良さで一目置かれているようだった。なんか空気でわかるよね、そういうの。

 んで。当然私にも笑顔で声をかけてくる。「単純接触効果」という、会えば会うほど惹かれる心理学のセオリーどおり、私は半年かけてちょぴっとずつ愛想のいい女の子(以下「愛子」)をいいなと思い始めた。

 とはいえ、スタバの店員さんの愛想の良さのアベレージはすごい。うっかり勘違いして声をかけてしまったら、「は?仕事だし。死ねや」になってしまう。愛子の愛想が仕事用なのかプライベートも含むのか見定めなければなるまい。

 ただね、どうも仕事だけとは思えない出来事が続いたのだ。たとえば店に入ろうとしたときのこと。私に気づいた愛子はこっそり私に手を振ってきた(私は軽く会釈し、心の中でガッツポーズをした)。

 あるいは私が読書を終えて店を出たときのこと。店から30メートル程離れたところでたまたま自転車を漕いでいた愛子がわざわざ私のところまでやってきた。愛子主導のもと、15分ほど世間話をする。

 これはもう仕事用の愛想の良さを超えているといっていいでしょう。

 次の休み、私は意気揚々とスタパに行く。愛子は休みのようだった。まぁよい。普通に読書をしよう、と30分ほど本を読んでいるとどこからか聞き慣れた声が。

 愛子だった。愛子はお客として老紳士と話していた。へー、と思いながら読書を続けると、今度は別の席から愛子の声が聞こえる。顔をあげるとまた別の老紳士と話している。そしてしばらく経つとまた別の席へ。

 愛子は結局、別々の席で計4人の老紳士と愛想よく話していた。おそらくその愛想の良さからお客さんに声をかけられて日程を合わせ、休みの日に話をしているのだろう。

 やっとわかった。愛子は本当にただただ“心根の優しい女の子”なのだ。すげーな、愛子。

 ――出会ってから私がその土地を離れるまでの1年の間で、私は愛子の笑顔以外を見たことがない。あまりの愛想の良さから「八方美人」と嫌われることもあっただろうが、老紳士たちに希望を与えていたのは間違いない。

 最後にスタパに行ったとき、私は『ロマンス』というマンガを読んでいた。愛子とのロマンスはなかったけれど、幸せになってくれたらいいと強く思った。

『ロマンス』はタイのマンガ家「ウィスット・ポンニミット(通称、タムくん)」の書いた本だ。この本は文科系女子の食いつきがおそろしく良い。「おすすめのマンガ何?」て聞かれたときにさらっと紹介すると、モテる確率は相当上がるぞ。私がその証拠だ。

 

『ロマンス』ウィスット・ポンニミット/著 マンガ

 

shikataeunita.hatenablog.com