読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

『ハチミツとクローバー』

「たかし、今話しかけてきた女の子って誰かわらかなかったでしょ」

 大学の後期授業の初日、モテ師匠である亜門さんが笑いかけてきた。私はまさに謎の美女に話しかけられたばかりなのだ。そしてその美女は私のことを一方的に知っていて、なぜか私を友達だと思っているようだった。新手のドッキリだろうか。

なぜ見ず知らずの美女が私に? と亜門さんに聞いてみる。亜門さんは「1年も同じ大学のゼミにいるのに気づかないとはなー」と言い、「1個上の俺がわかってどうする」と笑った。

 そう、その謎の美女と私は同じゼミだったのだ。長い夏休みの間に、謎の美女こと風田さんが進化しすぎて誰だかわからなかった。

 その日の最後の授業はゼミ。私のあとにゼミのクラスに入ってきた男連中も風田さんを見て全員度肝を抜かれていた。が、誰も何も言わない。というか、あまりに美女になりすぎていて何も言えなかった。

ゼミが終わり、いつものタリーズに行く。話題は風田さんでもちきりだ。Mが言う。

「風田さんは化粧が上手くなったとか服装が変わったとかのレベルを超えてるよ。内からのオーラが凄いよ。恋じゃないかな」

「あれは絶対に恋をしている女の子の輝きだ」。それが私たちの結論だった。人生で何度も見かけた「女の子は恋をすると綺麗になる」の限界を超えた輝きだった。どんだけ素敵な恋をしたのだろうか。

 私は、月明かりを見ながらーー恋をすると女の子は綺麗になると言うけれど、ダメだな男は、かっこ悪くなるばかりーーという、マンガ『ハチミツとクローバー』の真山のセリフを諳んじる。

 恋をして、“何かに打ち込んだ結果”かっこよくなった男は知っているけれど、恋そのものでかっこよくなった男は知らない。

 結局、風田さんの進化の理由は不明だ(本人には卒業まで聞かなかった)。「綺麗になった=恋をした」に反感を持った女性もいるかもしれない。でも、理由はさておき風田さんは本当に毎日が楽しそうだった。それはとてもいいことのように思う。

 私はそう考え、自身の現状について思う。そして真山のセリフの続きを言うーーあぁ、遠いなあ、と。

 全く落ち込んでもいないのに、真山のセリフにはどうしても哀愁が漂うので最後落ち込んだ感じになってしまった。しかし、たまには弱さも見せる男がモテると耳にしたし、これはこれでいいのかもしれない。 

 

ハチミツとクローバー』海野チカ/著 マンガ