読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

『怒り』〜モテそうなのにね裁判〜

「モテそうだよね」と、一時期女の子に言われていたことがある。当時まだ亜門さんと仲良くなる前だった私は、普通に褒め言葉として受け取っていた。だが、いくらかの経験を経て、褒め言葉ではないと気づく。 私はそれが「でも、モテそうだよね」という、一種…

『僕が人形と眠るまで』〜30までに性欲ゼロ〜

27歳のとき、30までに性欲をゼロにしたいと思った。その時期2度ほどトラブルに巻き込まれていて、巻き込まれるのは俺に性欲があるからだという謎の理屈からだった。 しかし、性欲はそう簡単にはなくならない。私は人一倍女の子にモテたいのだ。そればっかり…

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』

学生時代のとある冬、朝目覚めるのとほぼ同時に、女友達からこんなメールがきたことがあった。 「今すぐ共同玄関のロビーに来てください、早く!」 ねぼけまなこの僕がとぼとぼと共同玄関に行くと、 そこには何やら小さな箱と紙が置いてあった。紙には 「リ…

『花吹雪』~雨上がりのアスファルトが嫌いになりそうなエロティックな香り~

4階から降りるエレベーターの中で、ひたすら女性に胸を押し当てられていた。 背中にぐいっとめりこんでいる。饅頭だったら割れているレベルだ。 彼女はそれまで合コンで一緒だったメンバーの一人だった。普通なら喜ぶべき場面かもしれない、だがそれどころ…

『恋文の技術』~告白を成功させる待ち合わせの方法~

昔、テレビの街頭インタビューで「待ち合わせのとき、男の人にどんな座り方でいられたらキュンとしますか」という、今書いていても嘘なんじゃないかと思うような謎の質問があった。 選択式ではなかったのに、女子から圧倒的に人気の座り方があった。それは、…

『神様のボート』~事実には簡単に行きつくが、真実にはなかなか到達しえない~

※知的です。 私は男と2人でラブホテルに行ったことがある。事実そうなのだが、真実はそこから想像されるものとは少し違う。 あるとき、友達(男女)4人で飲んでいた。宿泊予定のホテルに手違いで泊まれなくなったこと、その日は入試か何かで他のホテルが全…

『とにかくうちに帰ります』~合コンの作法~

合コンには作法がある、と3回目で気づいた。私は過去4回、合コンに行ったことがある。一度目は25歳の時、あとの3回は26歳の時でそれ以来行っていない。単純に自分には向いていないと気づいたからだ。とにかくその3回目の合コンで、私は「合コンの作…

『花が咲く頃いた君と』〜女子に嫌われるタブー〜

めずらしく女の子に誘われて食事に出掛けていた。女の子はとても楽しそうだ。まだ付き合ってはいない。しかし私は長年の経験から、このあと部屋にお呼ばれすることになると確信していた。そんなときこそ注意が必要だ。どこにタブーがあるかわからないのだか…

『世界音痴』~悪魔のゲーム「ボーリング」~

やってきた。あの悪魔のゲーム「ボーリング大会」がやってきた。 職場の同期とその女友達8人で飲んでいたときのことだ。私は非・リア充生活にほんのひととき訪れたリア充っぽい雰囲気にいい気分で酔っていた。しかしその最中に、最年少の女の子(22)がい…

『パレード』~桃子、180センチ〜

付き合って間もない女の子とカフェに行ったときのこと。 時計を見た彼女が「帰らなきゃ」と席を立ったので「そうだね、僕も桃子が……」と言いかたら、困惑顔で「桃子って誰」と言われた。一瞬考えたが、家で育てている観葉植物に桃子と名付けていることを正直…

『2.43』~男女8人一泊旅行~

コテージは2つ用意されていた。右が男で左が女(の子)。私はその日、女の子たちと一泊するという、神がかり的な幸運に恵まれていた。4対4。響きがよい。 夕暮れ時に川の散策を終えた私は、一人男部屋に戻って「あれ?」と思った。敷いていたはずの布団がな…

『マチネの終わりに』(第4回 スタバで恋は生まれるのか)

遅番で会社に着いて早々、上司から声をかけられた。 「そういえば朝イチで女の子からお前に電話あったぞ」 「誰ですか」 「いや、それがジム『ビートル』の関係者っぽいんだけど、お前の名前は知らなかったんだよ。ただ、『身長が174センチくらいでスラッ…

『ニシノユキヒコの恋と冒険』(第3回 スタバで恋は生まれるのか)

スタバにいるときの「話しかけてくるなオーラ」がすごいらしい。 一度、他部署に行ったら、先輩に「昨日スタバにいたでしょ。俺も20分くらい居たけどあんなに集中されたら話しかけられんわ」と笑われたことがある。そもそも気がつなかったし、私としては読…

『ノルウェイの森』〜手っ取り早くモテる方法〜

友人に1人、美しい顔を持つ男がいた。大学生になって間もないころ、その男と2人で行動していた私は、女の子達から「美形の隣の人」という、漠然としている割に的確すぎる呼び方をされていた。 だがその男はとても陽気ないい奴で、いつも皆を笑わせていたので…

『種まく人』~“気持ち悪い”のボーダーライン~

「十中八九そうだと思うよ」と私が答えると、女の子が急に笑い出した。 「前から思ってたんだけど、話し言葉で『十中八九』って使う人たかしさんしかいないよ」という。そうなのか。 また暫くのち、別の女の子から質問されたので、 「いや、先端に触れたくら…

『人間失格』~おいしいお肉を食べに行こう~

かれこれ30分は経っている。女の子たちは少しがっかりした様子だ。そりゃそうだろう、男がバーベキューの火を付けられない致命的だ。せっかく夜の川べりに来たというのに。 男連中はまだいい。更に言えば、女の子たちもまだいい。がっかりするか、されるか…

『化物語』~“先入観”という自分の壁を越えよ~

トイレから大学のパソコン室に戻ると、デスクトップがロリコンのアニメキャラに変わっていた。40台ほどあるパソコン室にいた学生たちが侮蔑の眼差しを送ってくる。やられた。あいつだ。あの男しかいない。 その男は、それまで「なんとなく好青年風」だった…

『ソークラテースの弁明』〜知的男子は結局モテる、らしい〜

女の子から電話がかかってきた。その女の子からは定期的に連絡が来る。内容は雑談のみ。私は読書家だが、彼女は読書をしないので本の話は出ない。 その日たまたま「最近も本読んでるの?」と彼女が聞いたのは、単なる気まぐれだったと思う。多分「今日はいい…

『東京タラレバ娘』〜好きな人に髪の毛を切ってと言われたらどうしますか〜

『東京タラレバ娘』の主人公3人組(33)の1人が、好きな男に「髪型を変えて欲しい」と言われて、「若い頃ならしてたかもだけどもうしねーよ、ないわー」と3人組で飲むくだりがある。 私はそのマンガでいうところの“若い頃ならしていたやつ”を完璧に体現して…

『男の作法』モテの極み~モテ師匠~

過去25回のブログで、私のモテエピソードを紹介してきたわけだが、今回はそんな私のモテ師匠である亜門さん(男)について書きたいと思う。 家でだらだらしていたときの話だ。まだ二十歳そこそこの私は何の気なしに亜門さんにこう質問した。 「亜門さんて今…

『トリツカレ男』〜49.9〜

誰しも何かに悩んでいる。悩みは個別的なものなので、人と比べて卑下したり、あるいは憤る必要はないだろう。もしあなたの友人が悩みを打ち明けてきたら、きっとあなたは彼ーーあるいは彼女ーーに寄り添うはずだ。だが、その中で唯一、相手を敵に回す悩み相…

『雨があがるようにしずかに死んでゆこう』(第2回 スタバで恋は生まれるのか)

2014年。スタバ。私は友人と真剣に語り合っていた。当初は八木重吉の詩集『雨があがるようにしずかに死んでゆこう』の素晴らしさについて話していたはずなのだが、いつの間にか、「どうして俺たちはモテないのか」に話がすり替わっていた。すり替えたの…

『麦の海に沈む果実』~光源氏計画~

15歳の女子高生はおずおずと車に乗ってきた。激しい雨の日だった。仕事を終えた私は図書館を施錠しようとしていた。5分ほど前に退社したはずの女性同僚が、裏口から出た私のもとに駆け寄ってくる。 「たかしさん。女子高生が図書館の自動ドア前に立ってい…

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(第1回 スタバで恋は生まれるのか)

スタバという、いわゆるモテ男女が好む場所に行ってみた。私は生粋のタリーズ派なのだが、引っ越した家のすぐ近くにスタバがあったのだ。しかし私はカフェインが割と苦手。大量に摂取すると夜眠れなくなる。 初めてお店に行ったときカウンターにいたのはボー…

【おすすめ映画②】大人の男女は目で語る

一時期、クリント・イーストウッド作品にはまっていた。『マディソン郡の橋』は、写真家の旅人(イーストウッド)と孤独を抱えた主婦(メリル・ストリープ)の不倫を描いた話だ。メリル・ストリープも大好きだった私は、迷わずツタヤで借りた。素晴らしかっ…

『そして生活はつづく』〜僕は平匡さんにはなれない〜

4年前、僕は平匡はんになりたかった。矛盾しているのはわかっている。4年前はまだ『逃げ恥』は放送されていない。でも、それが最も正確な表現だ。僕のなかでは少し――いや、かなり違うが、「星野源になりたかった」と言えば、ちょっとは理解してもらいやす…

『女のいない男たち』~ドライブ・マイ・カー~

国道を一台の車が走っている。2007年式の4WD。辺りはもうすっかり夜だ。男と女が乗っていた。女はクラシックに耳を傾けている。男は、男の顔面は蒼白で、冬だというのにびっしり汗をかいていた――私だ。私はとにかく焦っていた。 女の子との食事の帰り…

『人のセックスを笑うな』

セクハラが嫌いだ。犯罪のなかで最も嫌悪していると言っても過言ではない。理由は(誰も俺のセクハラ論など知りたくないだろうから)書かないが、私は働くうえで常にセクハラしないよう意識している。女性から触られるのは良しとしている、念のため。 その前提…

『もしもし、運命の人ですか。』

あなたはどういう時に「この人運命の人だ」と感じますか? と聞かれたら、穂村弘のエッセイを思い出す。 それは穂村さんが女性と住宅街を歩いていると、 不意に女性が頭上の樹を見上げ「ここ昔、森だった?」とつぶやく、というものだ。 穂村さんも、「あん…

モテるためには、全てを武器にせよ

バーで外国人に口説かれたとき、正直「またか」と思った。 カタコト会話のあと、ぼそっと何かを言われた。周りが騒がしかったので顔を近づけると、耳元で「一緒に、裸で」と言われたのだ。 英国陸軍少尉に「あなたはとても美しい」とささやかれたこともある…

モテ男になろう

「モテ男」になるのは難しい。 先日、女性に「これ開けて」と菓子袋を渡された。私はこっそり手汗を拭き、何とか袋をこじ開ける。冷や汗をかいた。 あるいはこんなこともあった。 私は致命的に方向オンチで、女の子を助手席に乗せるときそれを伝えている。彼…