三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

仕事

雑誌に載ってモテる〜『そうか、もう君はいないのか』〜

紙面デビューが決まった。数十万部発行される媒体にである。 人物スナップの人員が足りなかったから会社の人にお願いされただけなのだが、デビューはデビューだ。私はそのコーナーに載る3人の1人に選ばれた。 世の中、全ての人に愛される人がいないのと同様…

『誓いじゃないけど僕は思った』~女子を釘づけにするかっこいいポーズの取り方~

「たかしさん、たかしさん大変です!」 業務後、楽しくおしゃべりしていた女の子が急に焦り出した。いったい何だというのだ。 「たかしさん出ちゃってます。“意図せずかっこいいポーズ”がでちゃってます」 そんな馬鹿な。私は自分のポーズを見た。 でちゃっ…

『マチネの終わりに』(第4回 スタパで恋は生まれるのか)

遅番で会社に着いて早々、上司から声をかけられた。 「そういえば朝イチで女の子からお前に電話あったぞ」 「誰ですか」 「いや、それがジム『ビートル』の関係者っぽいんだけど、お前の名前は知らなかったんだよ。ただ、『身長が174センチくらいでスラッ…

『変身』~二重まぶたになる方法〜

「整形した?」と久しぶりに会った女の子に言われた。「してないよ」と私が言うと、しばらくして「というか整形したよね?」と聞いてくる。私は定期的に人から――それも決まって女の子から――「整形した?」と聞かれる。 別にどっちでもいいのだが、整形はして…