三十路の図書委員、本棚から覗くモテ世界

30歳、独身、彼女なし。ややイケメン。この「やや」がやっかいだ。昨今、読書男子がモテるというけれど、クラスではドッチボールのうまい男子がモテていた。そんなこと小学生時代からわかってた。

ゲイ

『チョコレート ドーナツ』~「あんたに興味はないよ」という女子の顔色~

「あの子の気持ちを、お前が勝手に決めるなよっ!」 それは私がかなり長いこと好きだった女の子に対して、 「あの反応じゃ無理かもなー」とうじうじこぼした時につれからもらった言葉である。 その言葉のおかげで勇気出して告白し、ついには付き合い今に至る…

『海と毒薬』〜一度は言われてみたい名セリフ〜

初めてのバイトで衝撃的な口説かれ方をした。 小売店で働き始めて3日目、お客さんが私のところに来て突然こう言った。 「ち◯こしゃぶらせてくれませんか? というか、このあと家に来ない?」 どうやら私の身体がとにかくタイプらしかった。18歳の私は「店長…

『怒り』〜モテそうなのにね裁判〜

「モテそうだよね」と、一時期女の子に言われていたことがある。当時まだ亜門さんと仲良くなる前だった私は、普通に褒め言葉として受け取っていた。だが、いくらかの経験を経て、褒め言葉ではないと気づく。 私はそれが「でも、モテそうだよね」という、一種…

『神様のボート』~事実には簡単に行きつくが、真実にはなかなか到達しえない~

※知的です。 私は男と2人でラブホテルに行ったことがある。事実そうなのだが、真実はそこから想像されるものとは少し違う。 あるとき、友達(男女)4人で飲んでいた。宿泊予定のホテルに手違いで泊まれなくなったこと、その日は入試か何かで他のホテルが全…